若者こそ「やすらぎの郷」を観るべきだ!後編

やすらぎの郷」テレ朝昼12時30分。「徹子の部屋の後絶賛放送中ですよね。高齢者向けシルバードラマと謳った画期的作品であるが、このドラマこそ若者も観るべきなのだ!その理由を凄いクセで解説してみます。前編では主にふざけますが、後編では真面目な話をします。

f:id:hypnosis772:20170818000752j:plain

見どころのひとつはハズキルーペ。。。

hypnosis772.hatenablog.com

 

・タブー無用!社会の闇を切り裂け!!
 
この作品は倉本聰石坂浩二という権力を乱用したバイオレンスドラマです。その結果、タブーはなくなりました。普通のドラマはおろか報道でも闇に葬られたパナマ文書が登場したり、東日本大震災の犠牲者の物語や、主要キャスト唯一の若者松岡茉優さんに突如起こる強姦事件。普通ならアウトです。それをこのドラマでは平然とやっています。近年の自粛風潮に風穴開けていますよね。賛否両論あると思いますが、私はこの戦う姿勢が好きです。
 
 
倉本聰の私情!
 
石坂浩二さん演じる菊村栄(通称先生、浅丘ルリ子加賀まりこからは栄ちゃん《兵ちゃん。。。》)は思いきり倉本聰さんですよね。どこか倉本聰さん本人の私情が随所に込められている気がします。それは過去の不倫の弁明だったり、姪が殺害された怒りだったりです。このドラマはファンタジーフィクションでありながら、どことなくノンフィクションも紛れているのです。今時こんなドラマそうそうありませんよ。
 
 

・戦争体験者による平和への想い!
 
脚本の倉本聰さんは勿論、出演者の多くが戦前戦時中生まれという異色のドラマです。随所に戦時中の思い出や当時の人々の想いが語られます。「当時の人々を馬鹿にするな!」「ストーリーより人間を描け!」という痛烈なメッセージがここにあります。また「戦後生まれの者に当時の人々の気持ちが分かるはずがない」とまで描かれています。それは当然のことです。が、今後、戦争を経験した脚本家が戦争を語るドラマはひょっとしたらもうないかもしれませんよね。これは貴重なドラマです。若者こそ観るべきなのです。
 
 
・大物たちの渾身の演技!
 
残念ながら野際陽子さんの遺作となってしまったこの作品ですが、素晴らしい演技ですよね。死期を全く感じさせません。この作品はとにかく大物揃い!この人たちが画面に揃うことは滅多にありません。もう二度とないかもしれない昭和のスターの熟練、迫真の演技を見れるチャンスなのですから、若者もご覧になってみてくださいね。
 
 
・最後に
 
前後編でお送りしたのね。いかがだったかしら?このドラマとっても面白いのよ。八千草薫さん風に。。。橋爪功さんの馬鹿息子のせいでDVD発売もしかしたらないかもしれません。野際陽子さんのためにも何とかしてほしいものだが、、とにかくこのドラマは伝説になる!最後まで応援しましょう。また。
 

クセが凄い邦楽評論!