いろんな意味で「令和」は史上最高の元号かもしれない。

※都市伝説レベルの戯言、嘘も含まれているかもしれません。真に受けないでください。。。

f:id:hypnosis772:20190405020234j:plain

逆立ちの仕事が増えそうだ。。。ぜひ平泉成さんと対談番組やって!!



という事で、ご存知の通り新元号が「令和」に決定しました!残りわずかとなった「平成」を楽しめたならいいなと思いますが、私は正直「平成」という言葉が好きではなかった。

 

・平成って「平和に成る」って言えばたいそうだけどヨォ、元はといえば「平に成る」だぜ?実際経済成長は平だし、災害で街が平になってしまった場所もある。けしからん!

・「平成」って音が「へーせー」で伸びて気持ちよくはないし、縦書きだとバランス取りにくいんじゃない!

天皇陛下は将来的に「平成天皇」と呼ばれるようになる。既に「平城天皇(へいぜいてんのう)」がいるじゃねぇか!ややこしい!で、平城天皇さんは藤原薬子大好きで革命起こそうした人でしょ?これどうなん?

 

という事で、あまり好きではなかった。もっといえば、「昭和」も好きじゃない。だって「昭」って昭和以外で何に使うねん!てか意味はなんやねん!

 

ちなみに「大正」は大好きです。。。

hypnosis772.hatenablog.com

元号「永文」と予想したが。そういや「文永」があったね。当たるわけなかった。。。

 

そして、新元号「令和」これはいいですね!「大正」には及ばないけど好きです。が、「令和」否定派の意見もよく分かる。

 

・「令」はやっぱ印象良くない。

出典は「令月」何をするのも素晴らしい日。もちろん政府が「命令を聞け!」など言うわけないが、やっぱ素人は「令」といえば「命令」が浮かぶ。そして、「令」は「人が跪いて言うことを聞いている様子」の象形文字だ。これが覆る事はない。やはりポピュラーな意味は「命令」であろう。

・「和」は昭和で使ったばっかり!

昭和前期は日本の黒歴史ですからね。やっぱりどうかと思う。

・Rなの?Lなの?

ら行はRと決まってるけど、発音的にはLが近い。外国人は読めない。ま、外国人が使う事はないからいいか。

ナショナリズム感はある。

日本=和 という概念がある。令和は「和になれ!」言ってる感じはする。右翼思想感はどうしても見える。

・令は二通りある。

私はこれまで令を「マ」で書いてきた。元号のフォルムが二通り起こるのはどうなん?

 

という事で、貶したんですけども、やっぱ最強の元号だと思っています。それは、右翼的に万葉集という国書から初めて選ばれた事、令和の持つナショナリズム感で大喜び。が、左翼にとっても悪くないはず。

 

「令和」の考案者として考えられてるのが中西進さん。この方は「9条を守る会」とか何とかで色々関わっている方。めっちゃ左翼。そして、出典は万葉集だけどもこの文はそもそも中国の「文選」からの引用。なんと、「安帝がクソだから故郷帰るわ」という内容である!ね、なんか左翼さん。いい元号だと思わない?

さらに「和暦面倒なんだよ!西暦に統一しろ!」という左翼さん。計算しやすくしてまっせ。令和=018とも表せますね。

東京五輪があるのは2020年。

020−018=002

そう!令和2年だ!と簡単に計算できる!!これもし狙ったのであれば考案者天才。和暦も使ってあげてね。

 

ということで令和は右も左も都合よく解釈できる素晴らしい元号す!政治興味ない大半の人も「響き新しい〜」とか何とか言って概ね好評。何が元号でも批判は必ず起こる。と思えば、令和は最強の元号のような気がします。

 

とにかく新元号発表がお祭りのように楽しく行われたのは素晴らしいこと。次からもそんな感じでやれたならいいなと。だけど、実際に改元が行われる五月一日。これは皇族の方々が厳かな儀式を行う訳です。個人的にはそこは静かにやるべき。渋谷でワイワイとか道頓堀でダイブなんかはやめてほしいなと思っています。

それと、やっぱ元号予想!はやめた方がいいですよ。皇室と関わる話だからってのもあるけど、それより予想と出来る限り被らないようにする!としていたから「令和」とかいうトリッキーな元号が生まれざるを得なくなった気がします。それに、他元号案が早速バレました。嘘か本当か分かんないけどこれは良くない。令和と比べてしまう、次の元号制定に使えない。などもありますが、ビジネス的にもマズイんですよ。元号案も勿論日本が誇る学者が一生懸命作ったもの。社名に使われるんです。「令和〇〇株式会社」は今からバンバン出来ると思いますが、「令和株式会社」は法律的にNG。しかし、他元号にはそういう法律はないので「英弘株式会社」とかが乱立してしまう可能性が高い。やっぱ報道したマスコミも流した政治家もどうかと思います。

つまりは、残る平成を楽しめるように、令和が素晴らしい時代になることを祈りたいと思っています。