24時間テレビの問題点と解決策~「やる悪」より「やらない善」~

8月末といえば24時間テレビですね。「やらない善よりやる偽善」という言葉がありますが、この番組がやってることは見方によっちゃ「やる悪」です。この番組の問題点はいろんな方が指摘していますからサラッと流すとして、そのクセが凄い解決策を述べたいと思います。

 

 

まず問題点から。

・募金金額より高い制作費!

チャリティー番組なのにギャラが発生することで有名なこの番組ですけども、加えて、日本武道館を使えない深夜はただの低俗バラエティと化します。慈善活動ですらなくなるという。。。改善の余地はいくらでもありそうなのに悪だからやりません。

 

・年一度の感動ポルノ!

24時間テレビといえば障がい者。障がいを持つ方が番組の力を借りて、新たなチャレンジをする。この自体を悪くいうつもりはありません。しかし、ごく一部の番組を除いて普段テレビで障がい者は映りません。そして、何故か絶対に感動路線になります。年一度だけ感動のために障がい者が担ぎ込まれる。非常に差別的な感じがします。

 

f:id:hypnosis772:20170825003916p:plain

テレビは戦いだ。。。

 

では、クセが凄い解決策!

 

・「24分間テレビ」も作る。

年一度だけ障がいを持つ方が担ぎ込まれるから嫌悪感を抱くのです。毎週どこかの時間帯で24分間テレビやればいいのです。ずっと継続的にやるのが慈善活動でしょう。

 

・「24時間停波」する。

伝えたいことはテレビ欄にでも書いとけばいいのです。当然制作費0。それでスポンサーに協賛を募り、全部寄付したらいいじゃないですか。停波すれば環境にも優しいし、問題提起にもなります。

 

・マラソンランナーはこの人で!

どうしても24時間テレビでマラソンしなきゃならないならこの人がいいなぁって方を挙げてみます。今年は当日発表という異常事態ですから可能性に賭けましょう。

一、高畑裕太さん

昨年制作サイド等に地獄をもたらした伝説のレイプ魔。けど、不起訴になったのだから一応は無罪。テレビに出てもいいはずです。「走る理由のある人」一番はこの人に違いありません。

 

二、宮迫博之さん

昨年がテレビ史上最悪規模の地獄だっただけに可愛くみえますが、馬鹿。二年連続で出演者に不祥事が起こるとはなぁ。分かりやすく「走る理由のある人」はこの人でしょう。

 

三、乙武洋匡さん

泥沼ど真ん中のMR.障がい者。「走る理由がある」こんな番組に沿っている人はいません。けど、手足ない人を走らせたら番組が終わるわ!

結局何が言いたいかというと、マラソンに何の意味があるんだ!やめろ!

立候補制ならまだ分かるんですけど、半ば無理やり押し通すじゃないですか?電波少年にしろイッテQにしろ日テレはそんなところがあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました!まぁでも、こんなに障がいを持たれる方がフィーチャーされる日はないですからね。思いを馳せましょう。NHK「バリバラ」めちゃイケ「24時間対抗テレビ」もお忘れなく。。。

えっ?「てめーは観るのか」って?もちろん観ますよ。Tシャツの女はエロいですからね。また。

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村